告知板
ホーム
概要&入会案内
今月の内容
さくやこのはな
かりん作品抄
時評
ライブラリー
リンク
会員ひろば
かりんネット歌会
お問い合わせ
 
 
 
貝澤 駿一 選  2018年01月号

大切な人によりそう歌を選びました。(貝澤 駿一)

ハリネズミのような十四のこころかな針たてて秋の階段下る
齋藤芳生

新生児みな岡本太郎の手振りする無垢なるもののほとばしるとき
江國 梓

モンゴルの風車の映像寝たきりの母に見せたり夢の終わりに
山本 渡

医務室に寝るボクサーは無防備で子どものごとし勝者も敗者も
松坂わかこ

スナフキンになりたい男のひとりだった息子いつしか父親となる
米山貴美子

ゴムの木の人語を持たぬ愛らしさ讃えて同僚日々水をやる
植村邦子

碁を打てば相手の性格わかるもの己のことはなぜかわからぬ
金井省二

黄昏の時が早まり君のためそろそろ部屋にあかりを灯そう
鈴木佳穂

肉まんを分け合うときのほほえみを二人の合図となして冬めく
のつちえこ

夕暮れの麻生川には鴨六羽並んでをります 岩田先生
尾﨑朗子